焼酎 ステラ

女優

一つ前の記事
次の記事
同じカンパニー
図書菅(劇団ZTON)
門石 藤矢(劇団ZTON)
久保内 啓朗(劇団ZTON)
河瀬 仁誌(劇団ZTON)
出田 英人(劇団ZTON)
前田 郁恵(劇団ZTON)
為房 大輔(劇団ZTON)
森 孝之(劇団ZTON)
土肥 嬌也(劇団ZTON)
河瀬 仁誌(劇団ZTON)
同じ職種
南風盛 もえ(みだしなみ)
岩田 奈々(kitt)
三木 万侑加(フリー・その他)
筒井 加寿子(ルドルフ)
吉本 藍子(匿名劇壇)
ピンク地底人6号(ピンク地底人)
柳沢 友里亜(ウトイペンコ)
名越 未央(フリー・その他)
望月 綾乃(ロロ)
渡辺 綾子(イッパイアンテナ)
高橋 志保(フリー・その他)
紙本 明子(劇団衛星)
山本 裕子(青年団)
岡田 あがさ(フリー・その他)
西岡 未央(新国立劇場 演劇研修所)
土肥 希理子(フリー・その他)
いのり(フリー・その他)
cossi(chikin)
川面 千晶(ハイバイ)
市川 愛里(世amI)
西山 真来(フリー・その他)
渡辺 ひろこ(劇団飛び道具)
サリngROCK(突劇金魚)
四方 香菜(フリー・その他)
坂本 彩純(演劇集団Q)
ミネユキ(子供鉅人)

STELLA

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。劇団ZTONの看板女優の、焼酎ステラさんです。
焼酎 
はい! ありがとうございます。宜しくお願いします。
__ 
早速伺いたいんですが、その芸名はどういう由来があるのでしょうか。
焼酎 
お芝居を始めたのが学生時代だったんですけど、その頃居酒屋でバイトをしていたんです。お店に素敵な焼酎のボトルがあって。白い陶器の瓶で、コルクで栓がしてある。「STELLA」という名前のお酒でした。
__ 
なるほど。
焼酎 
「ステラ」って、英語のstarの語源らしいんです。starの一つ前の段階として、これから星になっていければいいなと。
__ 
そうなんですね。
焼酎 
だから、差し入れで焼酎を頂く事もあるんですが、当時は飲めなくて(笑う)今は鍛えられましたけど。
1劇団ZTON
2006年11月立命館大学在学中の河瀬仁誌を中心に結成。和を主軸としたエンターテイメント性の高い作品を展開し、殺陣・ダンスなどのエネルギッシュな身体表現、歴史と現代を折衷させる斬新な発想と構成により独自の世界観を劇場に作りあげ、新たなスタイルの「活劇」を提供している。(公式サイトより)

今しか出来ない事を

__ 
焼酎さんは、どのようなところからお芝居を始められたのでしょうか。
焼酎 
元々私は弁護士になろうと思って大学の法学部に入ったんです。司法試験の勉強をしていたんですが、実は病気に掛かって半年入院したんです。
__ 
そうなんですね。
焼酎 
自分で思っている将来って、絶対じゃないんだなって思い知らされました。半年ほど将来の事を悩み続けて、「今しか出来ない事を大切にしよう」と思うようになりました。そこで、退院後に入るサークルを探していたんです。
__ 
なるほど。
焼酎 
いろいろ見て回ったんですが、自分の身一つで何とか出来るものを探した時に、音楽とダンスと演劇のサークルがあって。そこで、たくさんの人と協力しないと出来ない演劇に惹かれて入りました。
__ 
舞台に立ってみて、いかがでしたか。
焼酎 
お客さんにとって、舞台で演じている私はあくまで私で、私についているラベルは関係ないんですよ。「病気で半年休学した人」ではない私なんです。舞台上って一切、何もないんです。
__ 
ええ。
焼酎 
だから授業があっても通院があっても、稽古だけは休まない事を目標にしていました。

その関係が見えて

__ 
劇団に入って、楽しかったですか?
焼酎 
楽しかったですね。すごく勉強にもなったし。生徒会に入っていたから部活動に入ったことがないんです。先輩や後輩が出来たり、全員で結束して一つの公演を行うのが楽しかったです。
__ 
なるほど。
焼酎 
そこで初めて、集団で生きていく事がどういう事なのか学びました。私は制作だったので、自分で企画を出したり、意見がぶつかったり。集団で騒ぐ事も楽しかったです。
__ 
結束して楽しむって、お芝居を作る上で凄く大事な事ですよね。焼酎さんは、集団による創作にはどのような価値があると考えていますか?
焼酎 
たとえば、ビジネスライクに全て決まった段取りのお芝居は出来るかもしれません。でも、共演者同士で仲が悪いと、その関係が見えてしまうんじゃないかと思うんです。そういう役だったらいいんですけど。
__ 
なるほど。
焼酎 
でも、それは、お客さんに見せる物を作る側としてはどうなのかと思うんですよね。協力したら、相乗効果で表現の価値を上げていけるんじゃないかと思うんです。

全員で常に高めていくように

__ 
ZTONの芝居で、好きなところは。
焼酎 
シーンの緊張感を、全員で常に高めていくようにするところですね。逆に、落ち着いた表現をするシーンはまだまだ足りないなと思っています。
__ 
というと。
焼酎 
得意不得意はどうしてもあるんですけど、やっぱりムラがあって、それで共演者同士がかみ合わなくなってしまう事もあります。
__ 
ムラがある事は、あまり否定をするつもりはないんですが、もしかしたら・・・ZTONの舞台は常に緊張感に溢れていて、表現のポイントよりも、演技でいっぱいになってしまう事もあるかもなと思っています。
焼酎 
そのシーンで聞かせたい台詞が流れてしまったんじゃないかって感じる事があるんですよ。テンションに流されないように、落ち着いて聞かせる芝居が全員で出来るようになりたいですね。

切り下ろし・切り上げ

__ 
ステラさんの殺陣はとにかくキレイですよね。
焼酎 
ありがとうございます! 運動部に入った事もないので、初めて殺陣のある作品の時は毎日素振りしていました。
__ 
大変ですね。
焼酎 
ずっと独学で、切り下ろし・切り上げと鏡の前で練習していました。今も、イベント業務に出させてもらう中で勉強しております。
__ 
イベントに出られる事もあるんですね。
焼酎 
この間は静岡で、三方ヶ原の合戦を再現するイベントがありました。そこで役者として呼んで頂いて、芝居と殺陣をさせて頂きました。
__ 
すごいですね。
焼酎 
一騎打ちのシーンで、名乗りを上げて殺陣をさせてもらいました。最近は、そういう風に声が掛かる事も増えてきて。
__ 
すばらしい。そうそう、「月黄泉の唄」でのステラさんの刀裁きは良かったです。相手の目の前に刀をピッって突き付けたり。
焼酎 
女の子はあまり背が高くなく、手も短いので、抜刀する時は腰を落として抜いたりと工夫するんです。まだまだ、勉強中です。

質問 坂口 修一さんから 焼酎 ステラさんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせていただいた、坂口修一さんから質問です。「お気に入りの勝負服は何ですか?そのポイントは」。
焼酎 
モスグリーンのワンピースに、ショートパンツを合わせた格好です。
__ 
お気に入りポイントは。
焼酎 
色合いがいいのと、ショートパンツのサイズが大きいので足が細く見えます。冬も、ここという時は頑張ります。
__ 
モスグリーンがご自身に合うと。
焼酎 
その服を着ていて、今まで2回くらいいい事があったんですよね。だから、勝負服ですね。

バッターボックス

__ 
短い質問をしていきますね。焼酎さんは、スランプはありますか?
焼酎 
あります。
__ 
スランプの脱出方は。
焼酎 
お風呂に入って、たくさん寝て、後は努力をする事です。
__ 
いま、何故役者を続けているのでしょうか。
焼酎 
芝居をやらないと、自分の人生が豊かにならないと思うからです。
__ 
というと。
焼酎 
教育実習に行った時、教師として自分を出さないようにしないといけなかったんですね。自分の欲求を押し込めて、大人として振る舞わないといけない。もちろんやりがいはあったし、一生懸命やっていたんです。でも、稽古に行ったらもっと出して、と言われて。自分を押さえずに表現をしたいと、強く考えるようになりました。
__ 
自分を表現。
焼酎 
もちろん、表現をする立場なので誰かを傷つける可能性のある表現をしてしまわないように気を付けます。それから、より面白いアウトプットが出来るようにするにはインプットもしないと。関係ないかもしれないけど、本を読んだりするのはすごくプラスになるんです。
__ 
ああ、必要ですよね。表現するには、いろんな素養や鑑賞が手助けになるから。最近ご覧になったもので印象深いのは。
焼酎 
「ブラックスワン」が良かったです。DVDも買っちゃって。もう、すごい、鳥肌が立ちました。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
焼酎 
河瀬さんがどんなバッターボックスに立たせてくれるかですけど、でもどんな打順やタイミングでも、ホームランを打てるようにしたいです。蜜さんが言ってたんですけど、「最新作が代表作だ」の精神で。いきたいと思います。

絵皿とマトリョーシカ飴

__ 
今日はお話を伺えたお礼に、プレゼントがございます。
焼酎 
えーっ。ありがとうございます。その紙袋はそれだったんですね。
__ 
どうぞ。
焼酎 
(開ける)かわいい。すごーい。ありがとうございます。

(インタビュー終了)