森 孝之

俳優

一つ前の記事
次の記事
同じカンパニー
図書菅(劇団ZTON)
門石 藤矢(劇団ZTON)
久保内 啓朗(劇団ZTON)
河瀬 仁誌(劇団ZTON)
出田 英人(劇団ZTON)
前田 郁恵(劇団ZTON)
為房 大輔(劇団ZTON)
土肥 嬌也(劇団ZTON)
焼酎 ステラ(劇団ZTON)
河瀬 仁誌(劇団ZTON)
同じ職種
村上 彩夏(フリー・その他)
塩原 俊之(アガリスクエンターテイメント)
高橋 紘介(フリー・その他)
うめいまほ(VOGA)
森谷Aと田中沙穂(劇団衛星)
谷 弘恵(地点)
松本 真依(幻灯劇場)
河井 朗(ルサンチカ)
益山 貴司(子供鉅人)
合田 団地(努力クラブ)
沢 大洋(京都学生演劇祭)
池川 タカキヨ(フリー・その他)
村上 慎太郎(夕暮社弱男ユニット)
坂根 隆介(ドキドキぼーいず)
石田 達拡(フリー・その他)
村上 亮太朗(幻灯劇場)
山口 吉右衛門(劇団飛び道具)
木之瀬 雅貴(Massachusetts)
山野 博生(フリー・その他)
奈木野 健次(劇団衛星)
上原 日呂(月曜劇団)
藤原 康弘(やみいち行動)
四宮 章吾(フリー・その他)
池田 智哉(劇団ギリギリエリンギ)
江藤 美南海(第三劇場)
御厨 亮(夕暮社弱男ユニット)

劇団ZTON vol.9「天狼ノ星」 2

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願い致します。森さんは最近、どんな感じでしょうか。
森  
最近はZTON「天狼ノ星」の稽古三昧ですね。殺陣に悪戦苦闘しています。天の章、地の章とあって、両方に出させて頂くんですけど、どちらにも殺陣があって毎日筋肉痛です。
__ 
今回は、刀以外の殺陣もあるんですよね。
森  
そうですね。4つの種族があるんですが、それぞれが狩りに使う得物を使った殺陣になっています。それぞれ勝手が違う武器の殺陣なんですよ。
__ 
森さんはどこの部族ですか?
森  
僕は鷹の種族です。鷹は狩りに弓を使うので、弓矢の殺陣ですね。
__ 
おお!前回公演「月に叢雲、花に風」 3の時の弓矢の殺陣があって、1.5メートルぐらいの高低差のあるステージで、上からヒュンヒュン射ってはSEと共に相手が命中するというのが物凄くかっこよかったです。
森  
あれはウチの鈴木さんがやってましたね。いやー、僕も練習していますが、難しいんですよ。鈴木さん凄いなと思いましたね。武器によって、実は使う筋肉が違うんですよ。弓矢だったら背筋に来るんです。刀は腕に来て。毎日、違う部分に筋肉痛が出ています。
__ 
使われている筋肉が違う。という事は、本番の時にそれぞれの種族によってどこが鍛えられているかがハッキリ分かると。
森  
そうですね。やっぱり種族の大元が全然別の動物なので、生き方が違うんです。現実世界でも、人間は生活様式によって違うんですよね。今でも狩猟を続けている民族は視力が僕らに比べて発達しているし・・・
__ 
農耕民族は長期間の集団作業に強いし・・・
森  
生きている環境で身体って違うんだなと、それを実感出来ていますね。
__ 
我々がそれを、今更獲得出来るかどうか、ですね。
森  
そうですね、結局、想像の範囲内でやっていますね。
__ 
ガラスの仮面で、亜弓さんもマヤも役をつかむために実践するんですよね、毎回じゃないですけど。亜弓さんなんて、幽閉された王女の役をつかむために、一時期下町でケンカに明け暮れる荒れた生活を送ってたんですよ。
森  
読んだ事ないですけど、ええ。
__ 
役者が、演じる役の重みをその役者個人に刻み付ける事を役作りだと言うのかもしれませんね。
森  
自給自足なんですよ、この世界の部族は全て。今の世の中でそれはかなり難しくて。
__ 
我々は農耕民族ですしね。
森  
でも、鷹の種族は貴族社会的な所があるんですよ。下々の者の税で生きているみたいな。鷹はグルメなんですよね。僕は鷹の王をやらせてもらうんですけど。
__ 
あ、王なんですか。
森  
ニソロという名の王なんですけど、ワイン好きであると。苦手なんですがこの間、飲んでみました。
__ 
なるほど。
森  
河瀬さんに、「お前は人生経験がなさそうに見える。役者として重みを出せ」と言われてズバッと来て。だから、色んなものに出会う為に外に出ていったり、意識して見るようにしています。
1劇団ZTON
2006年11月立命館大学在学中の河瀬仁誌を中心に結成。和を主軸としたエンターテイメント性の高い作品を展開し、殺陣・ダンスなどのエネルギッシュな身体表現、歴史と現代を折衷させる斬新な発想と構成により独自の世界観を劇場に作りあげ、新たなスタイルの「活劇」を提供している。(公式サイトより)
2劇団ZTON「天狼ノ星」
公演時期:2013/5/9〜12。会場:京都府立文化芸術会館 。
3劇団ZTONエンタメストライク002「月に叢雲、花に風」
公演時期:2012/8/18〜19。会場:京都府立文化芸術会館 。

その瞬間

__ 
演劇を始めたキッカケを教えて下さい。
森  
大学に入って、隣にいた友達が演劇に興味があったらしくて。それで付いて行ったら意外と本格的だったんです。龍谷大学の劇団未踏座にはいりました。
__ 
九鬼そねみさんはご存知ですか。
森  
はい。雲の上のような存在のOBです。お世話になっていました。
__ 
九鬼さんの後輩・・・。演劇を始めた頃にみた衝撃作は。
森  
京都ロマンポップさんの「人を好きになって何が悪い」という作品で、演劇って凄いなと。あとはベビー・ピーさんの「はたたがみ」です。その二つはもう・・・今でも物凄く残っています。
__ 
確かに、どちらも凄かったですね。森さんは、舞台に立っていて「この一瞬が好き」というのはありますか?
森  
舞台上でシーンとしている時ですね。役者が集中していて、次の動きの時にバッと、役者全員が反応するような。上手く言えないんですけど、あの間は凄く好きです。
__ 
客席に座っている全員が、その新しい時間を見ていると自覚しているでしょうね。役者全員が、同じイメージに集中しているから、みんな同調している。

一騎討ち

__ 
「月に叢雲、花に風」の時の森さんの殺陣が凄く良かったんですよ。
森  
ありがとうございます!あの時は、夢にも出てくるくらい悩みながら練習していました。手が頭に中々入らない、この振り方で良いんだろうか、とか。で、為房さんとか土肥さんに見本をしていただいたらあっさりやってのけられたりして。「負けねー」って思って稽古しました。
__ 
あ、やっぱり練習を重ねていたんですね!早いし、カッコいいしで。とても良かったです。
森  
僕はまだ殺陣を初めて一年半くらいなので、嬉しいです。いや、ZTONの人たちは殺陣の技が凄くて、為房さんは戦国BASARAの舞台とかにも出てたりするぐらい派手だけど繊細だし。レストランまさひろさんは小さい頃から格闘技を学んでおられて、生きた殺陣というか、そういうギラギラしたものをもってるし。土肥さんは、人と対峙した時にどう見せるか、どうやったら殺陣での会話(呼吸とか、目線とかを合わせたり)が抜群に上手くて。上手さが三者三様なんですよね。あの人達に混じってやるのか、ってプレッシャーはあります。でもクオリティを下げる訳にはいかないので、必死に食らいついていました。実は僕、今回の「地の章」の見せ場として一騎討ちのシーンがあるんです。かなり長い殺陣になるんですが、そこで成果をお見せ出来るように、頑張ります。
__ 
とても楽しみにしております。

質問 大内 卓さんから 森 孝之さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂きました、劇団飛び道具の大内卓さんから質問です。「本屋大賞をどう思いますか?」
森  
うーん、どうなんでしょう・・・あまり知らなくて。
__ 
エンドユーザーでも出版社でもなく、本を売る書店員が売りたい本という観点で選ぶ賞らしいです。
森  
つまり、掘り出し物・・・
__ 
みたいですね。村上春樹の「1Q84」とかが10位ですから。ノミネートしているのは誰なんだろう?
森  
話題の本ではないけれど面白い本を知るいいきっかけになるんですね。

いくつかの到達点

__ 
いつか、こういう演技がしたいというものはありますか?
森  
一人芝居で、セリフを一言も発さずにマイムだけで全てを伝えられるような役者になりたいですね。そういうのが出来たら、役者としての一つの到達点だと思います。
__ 
到達点。
森  
年齢が上の方と共演させて頂くと、やっぱり引っ張って頂くみたいな事はあるんですよ。自分がやらなきゃならないのですが、その時に一人芝居のように、自分で表現内容を決められるような経験があれば全然違うと思うんです。
__ 
その一人芝居、例えばどんなお話になるでしょうか。
森  
日常の一コマを切り取って、その沈黙の空間に緊張感があふれていて、僕のイメージが強く伝わるような。そんなものが作れればと。
__ 
なるほど。頑張って下さい。
森  
森個人としては、殺陣だけの芝居に出たいです!
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
森  
京都といえばZTONみたいにのし上がって行ければと。その一端を担えればと思います。その為には、まず個人的なスキルアップをしないといけないし、次回公演も成功させないと。
__ 
ZTONは京都でもかなりの異色劇団ですからね。

オリーブオイル

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントがあります。
森  
ありがとうございます!開けてもいいでしょうか。
__ 
どうぞ。
森  
(開ける)オリーブオイル!
__ 
美味しいですよ、それは。
森  
ありがとうございます!役がグルメなので、ピッタリです。使ってみます。

(インタビュー終了)